D×D

舞台撮影・映像制作を手がける株式会社ビデオが運営するダンス専門サイト

 

ニュース・コラム

山田マミのやっぱり、パリが好き

フランス・パリ在住の山田マミさんが、現地発信の最新ダンス情報をタイムリーにリポート!
ダンスだけでなく、ワイン、フェスティバル、市場などなど、パリっ子たちの日常生活も,山田マミさんによる独自の視点でお伝えします。
動画によるダンス映像の配信も見所です!


マークから動画をお楽しみいただけます。

動画をご覧いただくにはQuickTimePlayerが必要となります



 
幼少よりダンスを始め、80年代はアメリカに没頭するが、今は亡きダンス・ア・エックスでローザスの「オットーネ・オットーネ」を観て、ヨーロッパの歴史の深さに圧倒され、フランスに移住。しかし、言葉の壁に阻まれ、英語圏への脱出を計画。ところがその矢先、腹ぺこで歩いていた私に「ヴォワラ、マドモアゼル」と林檎を差し出してくれたおじさん。レストランに仕入れる林檎が1個足りなくなってもいいのかしらと心配しつつも感動!もしかしたらフランス人ってすっごく優しいかも?脱出計画は一挙に吹っ飛び、フランス定住を即決める。住んでみたら奥が深いフランス生活。1年が2年になり、、、あっという間に13年。住めば都のフランスはパリで、納豆と豆腐を食べ、中華街でベトナム麺をすすり、日曜日はマルシェで季節の野菜と魚を買い、時に日本のカボチャを育て、楽しく過ごしております。
 
2007年3~5月
2007年5~6月
2007年7~8月
2007年9月~2008年1月
<2008年2月~4月
2008年5月~6月
2008年9月~12月
2009年1月~2月
2009年3月~5月
 
 
 
 
 
 
2009年4月2日 フェスティバルEXIT
「お気に入りのフェスティバル!」



毎年この時期に行われる、フェスティバルEXIT。メトロ8番線の終点クレテイユにあるMAISON DES ARTSで夜中まで繰り広げられる現代アートフェスティバル。展示の他にダンスももちろんあります!

  入り口を入って真っ先に目に飛び込んできたのがこれ。がちゃがちゃ言っていました。ビル・ヴォルンの作品
http://billvorn.concordia.ca/menuall.html



一見ただの植物に見えますが、、、、

  葉っぱに触ると音が出ます。しかも植物の種類によって音が違うのです。グレゴリー・ラッセールとアナイス・メット・デン・アンシクトの作品。
http://www.scenocosme.com/akousmaflore.htm
 
  スクリーンに自分の影を映すと、そこに勝手に装飾がついてくるのです。頭から棒が出ていたり、背中に怪獣の尾ひれがついていたり。楽しく遊べます。これはフィリップ・ウォーシングトンの作品。
http://www.worthersoriginal.com/viki/
http://www.youtube.com/watch?v=g0TOQo_7te4

  これは笑えました。スクリーンの前に立つと、自分の顔が変形して行くのです。時々横にいる人の顔になっていたり、おでこが長~くなっていたり、顔が離れてしまったり。二人で遊ぶのが面白いです。だって隣の人の顔が自分の身体にくっついたりするんですもの。ラララブのクララ・ボイとディエゴ・ディアの作品。
http://www.lalalab.org/drupal/index.php?q=en/taxonomy/term/32



  「ホテルの部屋」と題されたダンス作品。中の様子が見える正面と、その裏側は覗き窓のようになっていて、横には中の様子をヴィデオで捉えた映像が流れ、もう一面には女性のDJが日常の出来事を話しています。観客は、ヘッドホーンでしか聞けないDJのおしゃべりを聞いたり、中をのぞいたりの自由見学。ピエール・ラローザとエマニュエル・ヴァンサンの作品でした。

 
2009年4月5日
「恒例ヴァンセンヌの移動遊園地だ!」



ヴァンセンヌの森で昨日から始まったFOIRE DU TRONE、移動遊園地。毎春の恒例行事です。

  長く寒い冬のあとだけあって、人がわさわさと出て来ます。人が集まると、必ずあるいざこざ。ご覧下さい、警察もたくさん出て来て警戒にあたっています。というのは、2年前に死者が出てしまい、その後も時々暴力事件が起こったからです。



とはいえ、事件もちょくちょくあるわけではありませんし、楽しまなくちゃ損!でも楽しむためにはお金が必要で、近くの銀行のATMは長蛇の列。近くに商店街もないところにぽつりとあるこの銀行、この時とばかりは大繁盛。



その列に並んでいた人。大きなぬいぐるみは、戦利品でしょう。メトロでぬいぐるみを抱えた大人を見たら、頭がおかしいのではなく、遊園地の景品だと思ってくださいね。大人も子供みたいに楽しまなくちゃね!

そして、森の中は大渋滞。


道路の半分は路上駐車の車で埋められています。

パリ市の貸し自転車VELIBがヴァンセンヌの森にもできました。これが一番便利かも。


そうそう、午前中にパリマラソンがありましたが、大寝坊をしたので見ませんでした。



コース上には、このような看板が小さく付けられるだけです。選手が走っている時は、道路を横断する事は出来ませんので、お出かけの際には気をつけてくださいね。コースは住宅街にも入って来ますので。
 
2009年4月13日
「復活祭はチョコレートずくし」

LUNDI de PAQUE(ランディ・ドゥ・パック)復活祭の翌日の月曜日は祝日です。卵の形をしたチョコレートで有名ですね。友人が鶏の形をしたチョコレートを買ってきて、手作りのチョコレートケーキを作ってくれました。見た目はいまいちでしたが、おいしかった~!!


 
2009年4月16日
「パリ・オペラ座に二人のエトワール誕生!」



パリオペラ座バレエ団の「オネーギン」の初日公演終了後、イザベル・シャラヴォラとマチアス・ヘイマンがエトワールに昇格しました。
シャラヴォラは、1972年生まれ、1988年にパリのコンセルバトワールで1位になった後、オペラ座バレ学校に入学。1990年に18歳でコールド、93年にコリフェ、2000年にスジェ、2003年にプルミエダンサー。
一方、マチアス・ヘイマンは、1987年生まれの22歳。2001年にオペラ座バレエ学校に入学し、2004年にバレエ団に入団。2005年にコリフェ、2006年にスジェ、2007年にプルミエダンサーと、毎年昇進しています。06/07年度では、オペラ座友の会の人気投票第一位。
 
 
2009年4月18日


メトロで見つけたテアトル・ド・ラ・ヴィルの大きなポスター。写るは上月一臣さん!シディ・ラルビ・シェルカウイの公演のポスターでした。
 
 
2009年4月22日
「また今日もデモのパリ」



再び出ましたデモ行進。「仕事が増えて、疲れて、自殺に追いやられ」と叫びながらの行進。

  窓から見ていると、応援してくれているのかと思われて、手を振ってきます。明るいデモ。でも、皆真剣なのです。全てはサルコジ政権に対する不満の爆発です。金持ちはどんどん金持ちになり、貧乏人はどんどん貧乏になる、、、、、。働けど、働けど、生活はちっとも楽にならず、サルコジ大統領が言った「もっと働いて、もっと稼ごう」は、嘘ばっかり!
 
 
2009年4月23日
「今日のいろいろ」



え?ソルド?この時期に?そうです、今年から冬と夏の年2回のソルドの他にも、1週間のソルドを年2回行えるように法律が改正されました。こちらでは、バーゲンをする期間も法律で決まっているのです。



オペラ座のスター、マニュエル・ルグリの引退公演に選ばれた演目は、オネーギン。2010年秋からは、ウイーン国立バレエ団の芸術監督になります。これからの活躍を期待しています。




そういえば、オペラ座ガルニエのチケット売り場が変更していました。オペラ座正面から左手に回ったところに移りました。赤い絨毯を踏みしめて入ってくださいね。




  久々にポンピドーセンターに行ってみました。相変わらずたくさんの人でにぎわっていましたが、夕方遅かったので、大道芸の人はいませんでした。