D×D

舞台撮影・映像制作を手がける株式会社ビデオが運営するダンス専門サイト

 

ニュース・コラム

山田マミのやっぱり、パリが好き

山田マミのやっぱり、パリが好き

map3-3

6月10日 小松あすかさん、がんばってます!

小松あすかさんが、ステファニー・バッテン・ブランドのカンパニーメンバーとして、パリ11区主催のフェスティバルで踊りました。

6月16日 オペラ座前のストライキ

噂には聞いていたバスティーユのオペラ座前の占領事件を見に行きました。
雰囲気が悪そうだったので、まずは遠くから写真を一枚。

もうちょっと近づいてもう一枚。

サルコジ政権になってから、移民に対する取り決めが厳しくなって、いろいろと問題が表面化しています。偽の滞在許可証で職を求め、雇用側は知ってか知らずか、安く雇える人を雇用していたわけ。それが発覚して強制送還されそうになったら、その人たちが店を占領してストライキ。
一流レストランでも正規入国でない従業員がいたのが判明して、慌てたのがオーナー。店のイメージダウンにもなるし、ストライキで店は開けられないしで、すったもんだの末に、その人たちは既に何年も税金を払っているという理由で正規の滞在許可証がおりました。
そうしたら、不法滞在者があちこちから湧き出てきて、正規滞在を申請したから政府も大変。今度はそのような人たちに混ざって、空きアパートに勝手に入って住んでいた不法侵入者を力ずくで追い出す警察と不法侵入者の小競り合いが問題化。パリの証券取引所の近くでテントを張って「不法滞在者にも正規滞在書を!不況のせいでアパートを追い出された人にも住居を!」とストライキをしていたのは知っていましたが、今度はなんと、オペラバスティーユの大階段前を占領。
このせいで劇場に行く道が塞がれ、公演が中止になったという話も聞きました。おいおい、芸術を巻き込むな!ダンサーはこの日のために日々の努力をし、体調を整えているのだから!普通の職業とは違うんだぞ!!!と私は叫びたかったけれど、スト中の人にボコボコにやられたら嫌なので、黙っていましたけど。
どうもオペラ座に来る人は金持ちばかりだと思われていたようです。貧乏人も、安い席を買って見に行くんだぞ~!公演を見に、お金を貯めてわざわざ海外から来る人もいるんだぞ~!芸術を妨害しないでほしい。。。。。

マジで占領されている!
お客が建物に入れないようにテントを張っているのだ!

テントの中は充実しているようで、冷蔵庫にテレビ、洗濯機もある模様。まあ、家を追い出されてしまったのだから、家財道具全てがあるわけなんですけどね。
小さいテントの中には、驚くほどたくさんの人がいました。でもなぜか男性の黒人ばかり。写真に写っている白いさびだらけの箱は、冷蔵庫。いまどき日本ではほとんど見かけないワンドアです。フランスでは、こんな旧式の冷蔵庫が、まだ当たり前のように使われているんですよ。昔住んでいたアパートの契約書に、「冷蔵庫の霜取りを2週間ごとにするべし。」と書いてあって驚きましたもん。

6月21日 フェット・ドゥ・ラ・ミュージック

本日夏至の日は、フェット・ドゥ・ラ・ミュージック、音楽祭です。町中どこでも音楽してよろしい、という日です。
まずは、パレ・ロワイヤル広場、かの有名なコメディ・フランセーズの前でのクラシックコンサート。う~ん、力強い演奏ですね。

今度はパレ・ロワイヤルの庭園に入ってみました。
こちらはワールドミュージックみたいですね。

パレ・ロワイヤルからシャトレ・レアールに向かって歩いていると、あちこちから音楽が聞こえてきます。
バンドは自由に演奏できるし、カフェの方も儲かりまっせ~で、カフェとバンドの共存成立。めでたし、めでたし。

カフェの横から延びるパッサージュに入ってみました。

喧嘩にならないだろうかと心配になるくらい、あちこちのカフェでバンドが演奏しています。13度という夏至にしては寒いのが残念。

こちらの人に清潔観念というものはないのだろうか?道路に平気で寝転んでいるし。。。まあそれにしても、音楽あるところにダンスあり。黒人パワーはリズミカルで楽しいなあ。

人ごみにつきもののおまわりさん。一晩でいろいろあるのでしょうねえ。ご苦労様。

レアール広場にやってきました。すっごい人。ミュージシャンの数もすごくて、数メートルおきに好き勝手に音楽やっていて、もうわけがわかりませ~ん。

そうこうしているうちに、見つけました!日本のグループ!!!実はこれが目的でここまでやってきたのだ。

これは、天地雅楽の明日香。雅楽独特の音色に、フランス人は興味津々。日本の歌とのフュージョンは、在仏日本人の心もくすぐります。軽快な音色にかなりの人だかり。携帯電話で写真撮ったり、録画したり。携帯大活躍。

ただ、ちょっと怖かったのが、コンサートのあとにこの衣装で街を歩く図。フランス人の目にはどう映っていたのだろうか?

そしてそのあとは、ジェリービーンズの有希のソロコンサート。

コスプレがフランスでブレイクしているだけあって、このブリブリ目当てに来た若者もたくさんいたみたい。
ツーショット写真希望のファン続々!

この日本独特と思われる歌手がフランス人にどこまで受けるのかという私の心配をよそに、 有希が飛び跳ねればみんなも飛び跳ねて、盛り上がる、盛り上がる!ここまでやるとはさすが!おばさんはちょっと圧倒されて後ずさり。

6月23日 モンペリエダンス

6月18日から7月7日まで開催された第30回モンペリエダンス。

アクラム・カーンの新作「GNOSIS」に出演された鼓動の砂畑好江さんにお話を伺いました。

6月29日 モンペリエダンス

NDT1で活躍する小尻健太さん。今夜は、イリ・キリアンさんが最後にNDT1に振り付けた「忘れられた記憶」で、最後をぴしっとまとめ、素晴らしい踊りを見せてくれました。公演後に一言。

6月29日 ワールドカップ

今ちょうどサッカーのワールドカップが行なわれています。フランスの三大誌の一つであるリベラシオンに本田選手のことが大きく取り上げられていました。

map3-3