D×D

舞台撮影・映像制作を手がける株式会社ビデオが運営するダンス専門サイト

 

ニュース・コラム

山田マミのやっぱり、パリが好き

山田マミのやっぱり、パリが好き

map1-3

10月13日 オペラ座ガルニエ宮って本当にきれい

メトロのオペラで降りて、長—い階段を上って地上に出て、振り返るとオペラ座ガルニエがでーんと構えています。ふ〜いつ見ても素敵だなあ。


道路にたくさんのプラカードが置いてある。デモがあったのかなあ。


小雨の中の大道芸。ゆっくりご覧ください。

マイケル・ジャクソンになりきっているお兄さん。オペラ座前で踊るとは、大胆な事!けっこう上手くて、見とれてしまい、劇場に入るのがぎりぎりになってしまった。


これがオペラ座の客席。天井画はシャガールです。

公演はバランシンの夕べで、「セレナーデ」「アゴン」「放蕩息子」の3作品。「セレナーデ」では復帰したエルヴェ・モローが見れたのは幸運だったし、「アゴン」ではマチュー・ガニオはいつ見ても素敵だし、エトワールになったリュドミラ・パリエロの空間を感じさせるダンスは素敵でした。「放蕩息子」を踊ったジェレミー・ベランガールは演技のダンスも素晴らしかったのに、マリー=アニエス・ジロが冴えなかったのが残念。ジロはバリバリと踊るコンテンポラリー作品の方が似合っているのかも。
さて、オペラ座会場内の衣裳展。公演の幕間に見学できるのがよいですね。

      


カエルがいる・・・


  

いつ見てもきれいでため息が出る。


  

上ばっかり見ていないで、足下を。床のタイルもお洒落です。


場所によってモザイク模様が違うのです。


これが通路で、左側の木のドアがボックス席の入り口です。ボックス席はだいたい6人がけとなっています。


どこを見てもきれい。バレエも素晴らしいし、劇場も素晴らしい。ここに来ると心が休まります。


公演後ショップに立ち寄ったら、椅子を売っていました。ボックス席にある椅子ですね。え?1脚2500ユーロ? え?5000ユーロ?そんな高価な椅子に座ってたわけ?私の見間違え?どなたか値段を知っている人がいたら教えてくださ〜い。

10月14日 早起きは三文の得

日曜日の朝8時半、まだ薄暗い中をバゲット求めて道に出て、ああ、ついでだからとマルシェを冷やかしに。

マルシェのお店にもよりますが、季節ものが売られてるので、季節の移り変わりが感じられて好きなのです。


電気がともっている・・・。ああ、随分日が短くなったなあ。そういえば朝一番にする事は、電気をつける事だった。これからどんどん日が短くなって9時過ぎないと明るくならないのだなあ。
マルシェに行ったらおじさんがマイクで何かしゃべってる。朝っぱらからうるさいなあ、と思っていたら、何とこのおじさんは、サンタク ロースなのだった!

パリ市の回し者で、超簡単な質問に答えると、何と5ユーロのマルシェのお買い物券をくれるのだ。たまたまお買い物をしていたら横に来たので、てきとうに笑ってごまかしていたのだけれど、「僕が若い頃は奥さんと一緒に出かけていたのだけれど、今年を取ったら一緒に出かけるのは?」ときた。「杖でしょ?」と答えたら、大正解で5ユーロのお買い物券をくれました。3日間だけマルシェで有効と書いてあったので、早速お肉屋さんでお買い物。へへっ!おじさんありがとう。といきなり笑顔になる私。

早起きし得てよかった!ほくほく

10月15日 トロカデロ広場でのダンス公演

9月21日から10月20日までの1ヶ月間、ポール=アンドレ・フォルティエの「ソロ30X30」がトロカデロ広場の階段の踊り場で行なわれました。30分のダンスを30日間毎日踊るという作品です。30日間やっているのでのんびり構えていたら、あらあと5日で終わり!慌てて見に行きました。

踊りは良いんですが、通行人を整理するガードマンの存在が大きくて、ちょっと気になってしまいました・・・

フォルティエさん、今度はどこでこの作品を踊られますか?


トロカデロ広場にはたくさんの金の像がありますが、この方、縛られちゃっているんです。上手く縛ってあるとは思うんですが

誰のいたずらでしょうか?数日後に行ったらこの縄ははずされていました。

10月16日 中華街を歩いていたら

あ、マクドナルドって中国語ではこういう風に書くんだ。へえ〜知らなかった。 フランスではマクドナルドの事を「マクド」と言うんだよと言ったら、「大阪と同じやん」と言われました。本当?

10月18日 メゾン・デ・ザール・クレテイユ

クレテイユのメゾン・デ・ザール・クレテイユにダンスを見に行きました。
ホールの壁では写真のエキスポジション。今シーズンのメゾン・デ・ザール・クレテイユのプログラムの表紙になった写真家のDENIS DARZACQさんの「LA CHUTE(ラ・シュット)」。


合成写真かと思ったらそうではなくて、パフォーマーに実際に演じてもらって、空中に浮かんだ瞬間を写真に撮っているのでありました。メーキングプロセスのビデオが面白かったですね。

map1-3